FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠目のヤマちゃんとクマタカのカップル

7月下旬にヤマちゃんの幼鳥を撮って以来 2ヶ月半ぶりにヤマちゃん渓谷に行ってきました。

台風24号の大雨で川辺にあった立木(止まり木)が流され、大きな石も移動していて景色が変わっていましたが、新たに立てられた枯れ木があって、まだ薄暗い 6時前に下流から飛んできたヤマちゃんがそこに止まりました。

1003 遠目のヤマちゃん


遠い・暗いの悪条件下の止まりモノですが、生存の証としてアップした次第です。

この個体、冠羽やわき腹の模様からして前回撮った幼鳥のようです。




前回のヤマちゃん撮影の帰途クマタカポイント寄ったときは、カメラマンが一人だけで1時間待ってもクマタカは現れず一度もシャッターを押すことなく帰りましたが、この日は数名のカメラマンが望遠レンズをセットして待機していました。

正午近くになったので昼食準備でお湯を沸かしていると、クマタカが飛び出してきて緑の木々をバックに飛ぶ雄姿を披露してくれました。


  • < /ul>





その後空に舞い上がって旋回しつつ上昇してゆきました。

1003 クマタカ 1


1003 クマタカ 2


1003 クマタカ 3


1003 クマタカ 4

獲物をたらふく食べ終わったようで、腹が膨らんでいます。


実は、1羽飛び出した後すぐにもう1羽飛び出してカップルで空を舞っていたのが、たまたま接近したところを1枚の画面に収めることができました。

1003 クマタカ 5
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

久し振りに近くで撮れたヤマちゃん・・・・・続編

飛び込んで何か(餌 ?)を咥えたようでしたが、落してしまいあわてて嘴を水中に入れて取り戻そうとするも叶わず、がっかりした様子の幼鳥 ♂ヤマセミの様子をスライドでご覧下さい。


  • < /ul>



近くの小岩に戻った幼鳥 ♂ヤマセミが、また水中にダイブしたかと思ったら慌てふためいて浮かび上がり、

July2018 幼鳥ヤマセミ 12


July2018 幼鳥ヤマセミ 13


また身を沈めて

July2018 幼鳥ヤマセミ 14


July2018 幼鳥ヤマセミ 15



すっくと立ち上がり、

July2018 幼鳥ヤマセミ 16



飛び出してもとの木の枝に向いました。

July2018 幼鳥ヤマセミ 17
<以上 EOS 1DX + EF 600mm/ f 4>





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

久し振りに近くで撮れたヤマちゃん

先月、4月に目の前を通過する姿を見て以来、また1月に枝止まりを撮って以来、実に久し振りにヤマセミに出会うことができました。

夜明け前に、以前通っていたヤマちゃん渓谷に行ってみると、出の悪さが続いているからなのか、どなたもおられず貸切り状態でした。

3時間近く待って諦めかけた頃、ブラインドの左手 10 m足らずの所に待望のヤマちゃんが来てくれました (原画を 46% にトリミング)。

July2018 幼鳥ヤマセミ 1



飛び出しに備えて 1/1250 sec にセットしても ISO 640 で撮れた ので、原画の 6% まで拡大してみました。

July2018 幼鳥ヤマセミ 2



茶と黒の入り混じった胸の柄は ♂ の特徴ですが、脇腹が赤っぽく冠毛が短くて貧弱なことから幼鳥のようです。

猛禽を警戒してか上空を見上げていました

July2018 幼鳥ヤマセミ 3



が、今度は川を覗き込んで、

July2018 幼鳥ヤマセミ 4



腰を浮かせたので、飛び込むのかと期待するも、

July2018 幼鳥ヤマセミ 5



踏みとどまって仕切り直しです。

July2018 幼鳥ヤマセミ 6



再びこのショットのアップ画像。

July2018 幼鳥ヤマセミ 7



枝の上を少し歩いて位置を変え、

July2018 幼鳥ヤマセミ 8



狙いを定めて

July2018 幼鳥ヤマセミ 9



ダイブしました。

July2018 幼鳥ヤマセミ 10



July2018 幼鳥ヤマセミ 11
<以上 EOS 1DX + EF 600mm/ f 4>




さて成果は?


・・・・・・ To be continued ・・・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

今年もアオバズクの幼鳥に会えました

4年前に初めて見て、その愛らしさの虜になったアオバズクの幼鳥にまた出会うことができました。

先月下旬、もうそろそろ巣立ちするのではとアオバズク・ファン? のブログをチェックしていると、「アオバズクが巣立ちしました!」との記事を発見。

野暮用が続いて撮影に出向いたのは巣立ちから6日目だったので、幼鳥達も高い所に移動していて撮影は難しいだろうとあまり期待していなかったのですが、ちゃんと見通せる場所にいてくれました。

2018 アオバズク 1


2018 アオバズク 2



昼間はいつも眠っている親アオバズクも眼を開けてくれました。

2018 アオバズク 3




駐車場から少し距離があるので、様子見に EOS 7D Mark II + EF400/5.6L と一脚を持って行ったのですが、カメラマンも多くなく三脚を据えて撮影できる状況だったので駐車場所に戻ってEOS 1DX + EF 600mm/f 4 + 1.4 Extender と三脚を持って出直しました。

親と別の幼鳥は眠っていましたが真ん中の幼鳥はバッチリ眼を覚ましています。

2018 アオバズク 4



この子をトリミングし、

2018 アオバズク 5



表情の変化を追ってみました。


  • < /ul>



しばらくすると、眠っていた手前の幼鳥が目覚めました。

2018 アオバズク 6


2018 アオバズク 7


2018 アオバズク 8



好奇心いっぱいのつぶらな眼で辺りをうかがう愛らしいアオバズク。

また来年も帰ってきてくれますように!





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

今度はサンコウチョウ親子の災難

前々回と その前のブログで紹介したサンコウチョウのカップルに待望の雛が誕生しました。

首を伸ばし、嘴を目いっぱい開けて親に餌をねだっています。

0626 サンコウチョウの雛



すぐに ♂親が餌を咥えてやってきて


  • < /ul>





巣の脇の小枝に止まると

0626 ♂サンコウチョウ 1



顔を出した雛達に餌を与え

0626 ♂サンコウチョウ 2



♀親がやってくるのを察知したのか、また餌を獲りに飛び去りました。

0626 ♂サンコウチョウ 3





入れ替わりに ♀親が巣にやってきて

0626 ♀サンコウチョウ 1



口を開けている雛にやさしく餌を差し入れていました。

0626 ♀サンコウチョウ 2


0626 ♀サンコウチョウ 3





♀親が飛び去ると、また直ぐに ♂親が餌を運んできて

0626 ♂サンコウチョウ 4



給餌していました。

0626 ♂サンコウチョウ 5


0626 ♂サンコウチョウ 6
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4>



この雛達が巣立つのは4~5日後だろうと見当をつけ、早い時間に行ってベストポジションを確保して・・・・・・と期待に胸をふらませていたところに届いた写友からの 「蛇に襲われ雛が全滅してしまった」 との悲報メール! 


とても残念ですが、今年は 孵化した可愛い雛達が見られ、♂♀両親鳥の献身的な給餌シーンを撮ることができただけでも良しとします。


(西田敏行のセリフを借りれば)

今年はここらでよかろうかい?





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。