抱卵中の♀ツミに餌を運ぶ ♂ツミ

4日振りにツミの様子を見にゆくと、抱卵している♀親ツミがすっくと立ち上がり、

0514_1_立ち上がる♀ツミ


巣から飛び出して、

0514_2_巣を出る♀ツミ


10 m ほど離れた木の枝に止まり、

0514_3_♂を探す♀ツミ



ストレッチをしてから飛び出しました。

0514_4_伸びをする♀ツミ



その視線の先には♂親ツミが持ってきてくれた餌(小鳥)がありました。

0514_5_餌を持ってきた♂ツミ



これがパートナーの♂ツミ。 暗赤色の虹彩が鮮やかです。

0514_6_♂親ツミ



♀親ツミが♂から受け取った餌を啄ばんでいると、

0514_7_餌を啄ばむ♀ツミ



いきなり ♂が♀にマウントしようとしました

0514_8_マウントを試みる♂ツミ



が、♀に 「食事中になにするの!」 と一喝され?

0514_9_♀に拒否される♂ツミ




諦めて引き下がり、バツの悪そうな表情をしていました。

0514_10_ツミのカップル



♀親ツミは満腹したようで、また抱卵のために巣に戻ってゆきました。

0514_11_満腹顔の♀ツミ
<EOS 7D + EF 400mm/ f 5.6>

EOS 7D なので ISO感度を 640 に抑え SS も 1/80~1/100 sec に設定していてブレたりボケた写真も多いですが、ツミのカップルの行動を時系列で紹介しました。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

野鳥の抱卵 2題

先ずは抱卵中のオジロビタキ。

0509_オジロビタキ 1

連休明けを待って、気になっていたサンコウチョウの様子を窺いに行ってみると、鳴き声が聞こえたので飛来はしているようですが、一向に姿を現しません。

諦めて帰る途中で、ファインダーを覗き込んでいるカメラマン氏に教えていただいたもので初撮りです(名前を聞くのも初めてでした)。



20分ほどして巣を離れたと思ったら2~3分で戻ってきて全景を見せてくれ、

0509_オジロビタキ 2



また巣にうずくまって抱卵し始めました。

0509_オジロビタキ 3
<以上 EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>

地味な色目ですが可愛い鳥です。





もう一つの抱卵シーンは、我が家から歩いてゆける公園でのツミ。

0510_ツミの抱卵jpg
<EOS 7D + EF 400mm/ f 5.6>



今年は一斉に口をあけてねだる雛達への給餌シーンが撮れるかな?





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

3月末のヤマセミ写真

ゴールデンウィーク中は道路も撮影ポイントも混雑してそうなので暫く遠出は諦めます。

ということで、3月末に前回ブログのポイントより少し上流で撮ったヤマセミの交尾(もどき?)の模様を、遠目ではありますが生態記録として紹介することにします。

午前6時過ぎ、上流から下ってきた若い ♂ヤマセミが定番の右岸流木に止まり、

0329_若♂ヤマセミ 1



直ぐに下流に飛び出したのを追ってレンズを振ると、

0329_若♂ヤマセミ 2




左岸の流木に止まっていた♀ヤマセミに乗っかっていました。


  • < /ul>



我慢していた? ♀ヤマセミが先に逃げ出してしまい、それを慌てて追いかける若♂ヤマセミの表情を見ると、どうやら未遂に終わった模様です。
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender;始めの2枚の画像は10% に、スライドショーの画像は14% にトリミングしています。>



ヤマセミもさることながら、そろそろサンコウチョウの飛来が気になり、連休明けが楽しみです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

久しぶりに至近距離のヤマセミ

4月12日 久しぶりのヤマセミ撮影ドライブ。

最近人気を集めているスポットだけあって、午前4時前に到着したのに既にブラインドが9張。

カメラ・レンズをセットアップして待つこと1時間足らず、夜も明けやらない薄暗い内に目の前の木の枝に ♂ ♀ のカップルが登場。

テレコン(1.4 Extender)を付けたままだったのでフレームアウト。 急遽これを取り外し、なんとかフレームに収まりました (ISO 16000, Av 4.5, Tv 1/40 sec)。

0612_1_AY4P0650.jpg


♀ が呼び掛けるも気乗りしなさそうな ♂ に

0612_2_AY4P0652.jpg


♀ はそっぽを向き、飛び去ってしまいました。

0612_3_AY4P0656.jpg



約1時間後 ♂ が同じ木の枝に戻ってきました。 この頃には明るくなっていてISO感度を下げシャッター速度も上げられます。

0612_4_AY4P0676.jpg


♂ を追い掛けるように ♀ もやってきて数m 離れた木の枝に止まり、

0612_5_AY4P0708.jpg


♂ に向かって何かしきりに訴えていました。

0612_6_AY4P0710.jpg


7時半になって戻ってきた ♂ の嘴の先には泥がついていました。 どうやら巣穴を掘ってきたようです。

0612_7_AY4P0740.jpg



そして下流にいた ♀ に向かって「今度はお前の番だよ!」とばかりに叫んで? いました。

0612_8_AY4P0746.jpg



30分後には ♀ も嘴の先に泥をつけて帰ってくると、

0612_9_AY4P0800.jpg



ペレットを吐き出し

0612_10_AY4P0804.jpg



また飛び出して行きました。

0612_11_AY4P0812.jpg



入れ替わりに戻ってきた ♂ の飛付きです。


  • < /ul>




9時半を過ぎ、トップライトが強くなってきたのを潮に引き上げました。

0612_12_AY4P0907.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

初めての奥多摩湖

3月17日 初めて奥多摩湖に行ってきました。

町田街道から高尾街道・秋川街道を経て東京の秘境と言われている桧原村に入り、奥多摩湖周遊道路のワインディングロードをタイヤを軋ませながら展望台まで、我が家から約80 km を3時間掛けてのドライブでした。

奥多摩湖 1



眼下に奥多摩湖(正式名称は小河内貯水池)を見下ろす標高993 m の見晴らし抜群の地点です。

奥多摩湖 2




ここまでやって来たのは、クマタカの “背打ち” が撮れる (ことがある) と聞いたから。



しか~し・・・・・・9時半から4時間粘るもクマタカは現れず、撮れたのはヘリコプターの “背打ち”。

奥多摩湖 3




このところ鳥撮りは冬枯れ状態で、春の到来が待たれます。






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム