サンコウチョウが抱卵中?

連休後の9日、そして16日とサンコウチョウを求めて通うも収穫がなかったので、24日初めての場所に出向いてみると、10名ほどのカメラマンが望遠レンズの砲列を敷いていました。

レンズが向く先を辿ると、薄暗い木立の上の方に巣があって、♀サンコウチョウが頭をのぞかせていました。 サンコウチョウは ♂♀ が協力して木の皮やコケを逆円錐形に積み重ねクモの巣で補強・成形して作るそうですが、それにしても見事なものです(元画像を約3% にトリミング)。

0524_♀サンコウチョウ 1



現場に到着して暫くは「鳴き声はすれど姿は見えない」状態でしたが、巣にピントを合わせて待っていると♀サンコウチョウがやってきました。 ISO 5000で1/200 sec に設定しての置きピンなのでブレ・ボケ写真ですが・・・・・


  • < /ul>





巣の淵に止まって辺りを警戒し、

0524_♀サンコウチョウ 2



巣に頭を突っ込み、何をしているのか暫くこの「頭隠して尻隠さず」状態が続きました。

0524_♀サンコウチョウ 3




一旦 巣から離れた♀サンコウチョウが戻ってきて、今度はほぼ全身を見せてくれました。

0524_♀サンコウチョウ 4




そしておもむろに巣に入り、当方を見つめたり?

0524_♀サンコウチョウ 5



真下を覗き込んだりして30分ほど留まってからまた巣を離れました。


0524_♀サンコウチョウ 6
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>



抱卵しているようですが、その割に巣を離れる時間も長いので定かでありませんが・・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

野鳥の抱卵 2題

先ずは抱卵中のオジロビタキ。

0509_オジロビタキ 1

連休明けを待って、気になっていたサンコウチョウの様子を窺いに行ってみると、鳴き声が聞こえたので飛来はしているようですが、一向に姿を現しません。

諦めて帰る途中で、ファインダーを覗き込んでいるカメラマン氏に教えていただいたもので初撮りです(名前を聞くのも初めてでした)。



20分ほどして巣を離れたと思ったら2~3分で戻ってきて全景を見せてくれ、

0509_オジロビタキ 2



また巣にうずくまって抱卵し始めました。

0509_オジロビタキ 3
<以上 EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>

地味な色目ですが可愛い鳥です。





もう一つの抱卵シーンは、我が家から歩いてゆける公園でのツミ。

0510_ツミの抱卵jpg
<EOS 7D + EF 400mm/ f 5.6>



今年は一斉に口をあけてねだる雛達への給餌シーンが撮れるかな?





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

今年の初撮り; 初めてのベニマシコ

かねてから撮りたかったコミミズクを今冬こそはと情報を集めて場所の目星をつけ、新年4日に初撮影ドライブを決行!

昼前には到着したのでコミミ登場までの待ち時間に、駐車場の立ち木に来ていたベニマシコを狙ってみました。 ちょこまかと素早く動き小枝が被って撮りずらかったものの、何とかモノにできたのが以下のショットです。


初めて撮ったベニマシコ(♂)。

0104_ベニマシコ 1



木の実をついばみ、

0104_ベニマシコ 2


0104_ベニマシコ 3



それを咥えたままどこかへ飛んでゆきました。

0104_ベニマシコ 4


0104_ベニマシコ 5
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender, 1枚目は11% ・ 2枚目以降は22% にトリミング>



肝心のコミミズクはと言うと、午後1時過ぎに目星をつけておいたポイントに向かい三脚にカメラ・レンズを据え準備万端で待つこと1時間余り、そろそろお出ましかと期待に胸を膨らましていると急に風が吹き始め、それも徐々に強くなって三脚が倒されそうな始末。

こうなってはコミミの出現は望むべくもなく、30数名いたカメラマンも潮が引くように引き上げました。

それでも初モノのベニマシコが撮れたので better than nothing と自らに言い聞かせ、捲土重来を期すことにします。


待ってろよ コミミちゃん!





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

予定を変えて・・・・・初見・初撮りのカッコウ

ヤマセミ掲載の予定を変え、本日(29日) 初めて撮ったカッコウを見ていただきます。

野鳥撮影現場で知り合った方から、カッコウの幼鳥をオナガが育てているという場所を伺い行ってきました。 現地におられたカメラマン氏によると、カッコウの幼鳥達はすでに飛散してしまったようで残念ながら給餌シーンの撮影は叶いませんでしたが、 「カッコー・・・カッコー・・・」 と響き渡る鳴き声の方向を捜すと 30 mほど先の高い木の梢にカッコウの成鳥が止まっていました。

0729_カッコウ 1



30分後 今度は 60 m ほど離れた別の場所から鳴き声が聞こえ、双眼鏡で確認すると同じ木に 2羽止まっていて、

0729_カッコウ 2



ほぼ同時に飛び出し、

0729_カッコウ 3


0729_カッコウ 4


0729_カッコウ 5



枯れ木に仲良く? 向かい合って止まりました。 雌雄の違いは分かりませんが ♂ ♀ のカップルだと思われます。

0729_カッコウ 6


と言う訳で、給餌シーンは撮れませんでしたがカッコウが初撮りできたので良しとします (2~5枚目は遠目・逆光の悪条件で画質劣悪ですが・・・・ご容赦を!)。


それにしても他の鳥 (今回はオナガ) の巣に卵を産みつけて育てさせる、いわゆる “托卵”
させるとはずるがしこい習性で、身銭を切らない前都知事を連想してしまいます。


その仮親(育ての親)にさせられる哀れなオナガも撮ってきました。

0729_オナガ

<以上 EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>

(いずれの静止画像もクリックすると大きいサイズで見られます。)





次回こそヤマセミです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

♀ サンコウチョウの水浴び

前回ブログで紹介した ♂ サンコウチョウと同じ日同じ場所で撮った ♀ サンコウチョウの水浴びシーンです。

今回も ISO感度を 12800 まで上げて開放 (f 4)・ SS 1/500 sec で撮っているので画質には難がありますがご覧下さい。

0701_♀ AY4P4254


♀ サンコウチョウは尾羽も長くなく目の周りの青いリングも細くて ♂ ほどには見栄えしませんが、連続2回水浴びというパーフォーマンスで楽しませてくれました。

その、1度水浴びして飛び出した後 身を翻して再び水中に飛び込むシーンのスライドショーです。


  • < /ul>





そして、水浴びを終えて木の枝に戻る飛び付きシーンです。


  • < /ul>






また別の水浴びシーンでは ”反転枝止り (筆者命名)” の大技? を見せてくれました。 つまり、水浴びを終えて木の枝を通過するのかと思いきや、反転して枝に止まったのです。


  • < /ul>

<以上 EOS 1DX + EF 600mm/ f 4>

(いずれの静止画像もクリックすると大きいサイズで見られます。)





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム