新米カワセミカップル(マオ & ハル)の雛達も無事巣立ち!

6月2日に川デビューを果たした恩田川のカワセミカップル(イカル & ミヤ)の幼鳥達に続き、M池で巣穴にしようと(?)水抜きパイプの探索を繰り返していたハルくんとマオちゃんのカップルも、何処かに作ったまともな巣穴で雛を孵し6月22日 M池に4羽の幼鳥を連れてきました (この4羽のほかに、恩田川の幼稚園裏で目撃された2羽の幼鳥もマオ & ハル・カップルの子供達のようです)。

巣立ち1日目

巣立ちしたばかりの幼鳥は、胸側の色が黒っぽく、親のいいつけを守って(?)木や草の中でじっとしているのでなかなか見つけられません。

0622_1_M池にデビューした幼鳥

上の写真とは別の幼鳥の所に親カワセミ (マオちゃん) が餌を運んできました。

0622_2_幼鳥に餌を運んできた親鳥

幼鳥はまだ餌を上手く受け取れないので、この時も餌を受け取るのに 1分以上も時間が掛かっていました。

0622_3_餌を上手く受け取れない幼鳥

半日も経つと幼鳥達の動きも活発になってきて、親カワセミが飛来すると「ちっ」「ちっ」と鳴いて親の元に寄ってきます・・・・が、木の枝葉に隠れまともに撮影できません。

0622_4_ひたすら幼鳥に餌を運ぶ親鳥


巣立ち2日目

巣立ちして丸一日も経つと、幼鳥達はただじっと親カワセミが餌を運んで来てくれる待つだけでなく、「早くぼくにも (or 私にも) 餌をちょうだい」 とばかりに催促するようになり、

0623_1_親鳥に餌を催促する幼鳥

「うるさいな~ おとなしく待ってなさい!」と一喝されていました。

0623_2_親に叱られる幼鳥


0623_3_大き過ぎる餌_1
次にマオちゃんが運んできたのは、何と幼鳥の体長ほどあろうかと思われる特大サイズの獲物で、















幼鳥は3分ほど奮闘するも受け取ることができず、立ち位置を変えて再度挑戦します。

0623_3_大き過ぎる餌_2

マオちゃんが右足を小枝にかけて強引に魚の頭を押し込み、

0623_3_大き過ぎる餌_3

何とか幼鳥に渡し終えました。

0623_3_大き過ぎる餌_4


0623_3_大き過ぎる餌_5
大きな餌を貰った幼鳥は、目を白黒させながら少しずつ飲み込みましたが、こんな大きい魚がよくも胃袋に(?)収まるものだと感心します。















0623_4_水の中に飛び込み始めた幼鳥
幼鳥達は、じっと親カワセミを待っているだけでなく、水中へのダイビングを始めました。 時々葉っぱなどを咥えて戻るところをみると、餌取りの練習だと思われます。















巣立ち3日目

0625_1_餌を運ぶ親鳥
この日も親カワセミは餌運びに精を出していました。 ハンサムボーイのハルくんも、子育てにお疲れの様子で、頭もうすくなり自慢の毛並みもよれよれです。














ところが、ハルくんは獲った獲物を嫁さん (マオちゃん) に渡しました。 幼鳥達の巣立ちを済ませるとまた子作りを始めるのです。

0625_2_ハルからマオへの給餌_1

所が、ハルくんが餌を運んで来たのをみた幼鳥が駆けつけると、

0625_2_ハルからマオへの給餌_2

何とマオちゃんはその幼鳥に餌をやってしまいました。 ハルくんは憮然としています。

0625_2_マオから幼鳥への給餌に


その後、マオちゃんが水浴びをして水中から飛び出した瞬間です。

0625_3_ハルの水浴び直後


巣立ち4日目

巣だって4日も経つと幼鳥の動きはますます活発になり、巣立った日には心もとない飛び方だったのが、親に負けないくらい上手く飛べるようになります。 この日、餌を獲ったハルくんが杭に止まるのをいち早く察した幼鳥がすかさず飛んで来て、餌をねだり始めました。

0626_1_餌をねだる幼鳥


その顛末を CANON オンラインアルバムのスライドショーでご覧下さい。



(どの静止画像もクリックすると大きいサイズで見られます。)

幼鳥達のこの後の成長はまた後日レポートします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム