ツミ親子の災難

今年も、我が家から徒歩で20分足らずの遊歩道の桜の木で営巣していたツミに雛が誕生しました。

雛に寄りそう♀親ツミ

孵化してまだ何日も経っていないので、他の猛禽類と同じように全身が真っ白い毛で覆われています。


この写真を撮ったのが 6月17日の夕方で、昨日 テニス合宿から帰り1週間ぶりにツミ親子の様子を見に行こうとしていた矢先 「ツミの雛が蛇に食べられてしまった」 との悲報が飛び込んできました。

つまり、この画像がツミの雛の遺影になってしまいました。



思い返せば、ツミが巣を作り始めたのは桜が満開の 4月初旬でした。

桜ツミ 1

桜ツミ 2

桜ツミ 3



その後、6月になると生い茂った桜の葉の間から ♀親ツミが抱卵しているシーンが見られ、

抱卵中の♀ツミ 1



17日に、少し遠くなりますが見通しのいい対岸からファインダーを覗いてみると、♀親ツミが巣の中で羽根をばたつかせており、

抱卵中の♀ツミ 2



足元に可愛い雛がいました。

♀親ツミと雛 1


在りし日の雛と ♀親ツミのツーショットです。

♀親ツミと雛 2
<以上 EOS 7D Mark II + EF 400mm/ f 5.6>



こうなると、心配なのは前回ブログで紹介したサンコウチョウで、無事卵が孵り雛が巣立ってくれるかどうか? 

近々レポートします。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト
プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム