観応えのあった “沈黙”

6ac96ef226649ffa[1]

『沈黙』は、江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた遠藤周作の歴史小説で、それを『タクシードライバー』『最後の誘惑』などを監督したマーティン・スコセッシが映画化を志してから28年もの歳月を経て完成に漕ぎ着けた作品。


martin-scorsese[1]


私自身は神・仏に対する信仰心を持たず、寒風吹きすさぶ駅前で布教パンフレットを配っている方や、昔インドネシアに出張した際に見た、仕事中でも礼拝の時間になると跪いてお祈りをする現地のイスラム教徒、熱心に帰伏を説く新興宗教の信徒などのような宗教心の厚い人達の心の内を理解することはできませんが、この作品の登場人物: “信仰か、人の命か”という極限の選択を迫られ背教の淵に立たされるポルトガル人司祭、家族の前で踏み絵を踏んだことを悔いながらも信仰を捨てられず、つらいことがあると酒に溺れる弱い人間として描かれる窪塚洋介演じるキチジロウ、踏み絵を前にして足を出せずにいる農民(キリシタン)に向かって「形ばかりのことだ! ただ踏みさえすれば死なずに済む。」とのたまう役人を見ていると、今更ながら人の心の豊かさ・貧しさ・清らかさ・卑しさ・欲深さなどが見えてきてとても興味深く観られました。

063bd9e1b9cadda072067cff3e95b505[1]


ハリウッド映画に登場する日本や日本人のシーンには違和感を覚えることが多いのですが、この映画ではマーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の原作をリスペクトして演出しているのと、外国人宣教師以外 日本人のそれも芸達者な俳優が出演していることもあって素直に? 観られました。

Silence_Cast-1024x683[1]





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

頭脳警察のPANTAにプロレスラーの高山まででているんですか!
どんな役なんでしょうね。

また楽しみにしています!

No title

旅するウサギ さん

PANTA や プロレスラーには不案内ですが、よくできた映画だと思います。

ところで、ヤマちゃんに会いに行かれていますか? 会えていますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム