期待を超えた心温まる佳作

先月観た 『三度目の殺人』 は、 『そして父になる』 の是枝裕和監督と福山雅治が再び組んだ法廷サスペンス・・・・・ということで期待したものの肩すかしをくらってしまったが、今回の 『ボブという名の猫 (原題: A Street Cat Named Bob )』 は逆に、予備知識ももたず期待していなかっただけに、いい意味で裏切られました。

138efc7b09d10ad6.jpg



幼少期にオーストラリアに移住し、1997年 プロのミュージシャンを志してイギリスに戻るも、様々な困難に遭い路上生活者となった青年(ジェームス)が、人生に目的も希望も持てないままいつまでもヘロイン中毒から抜けだせずにいた2007年春、彼の安アパートに野良猫が迷い込んでくる。


ここまでは、英国の福祉行政の現状を告発・批判した 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 で描かれた生活困窮者向け安アパートや炊き出しのシーンもあって、改めて社会格差の問題を考えさせられましたが、ここからの展開が違いました。


足を怪我していたその猫を、有り金をはたいて看病しボブと名付けて可愛がります。 それ以来ジェームスとボブはいつも一緒で、路上演奏に付き添うボブの愛らしさが評判となって新聞記事になり、更には雑誌社の勧めで本にまとめて出版する運びに!


51OL0PirMaL._SX327_BO1,204,203,200_




それがベストセラーになりこのように映画化されたとのこと。



銀座シネスイッチで映画を観たので、「プランタン銀座」から衣替えした 「マロニエゲート銀座 2&3」 にある ”ビゴの店” でバゲットを買い求め、いつものように渋谷・Skåne(スコーネ)に寄り、終電までワインとおしゃべりを楽しみました。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム