紅葉バックの若クマタカ

早くも年の瀬を迎えてしまいました。

今年を締めくくるのにふさわしい “傑作写真” をとヤマちゃん渓谷に出向くも空振りに終わり、コミミが出ていると聞き晴天・微風の天気予報を信じて遠征するも強風に祟られて撃沈してしまったので、先月末に撮った紅葉をバックに飛翔する若クマタカをアップすることにします。

1129 若クマタカ 1


1129 若クマタカ 2

数十m先を飛んでいるショットを約10% にトリミングしているので鮮明度はいまいちですが、いつも上空を飛ぶ空抜け画像ばかりなので、願い通り下降し紅葉バックの絵を撮らせてくれたことに感謝です。



次はその空抜けの写真ですが、腹を空かせて飛びながら懸命に? 親鳥を呼ぶ健気な表情を捉えることができました。

1129 若クマタカ 3




暫くしてまた降りてきましたが、紅葉した木々の梢をかすめてどこかに飛び去っていった若クマタカでした。

1129 若クマタカ 4


1129 若クマタカ 5
<Canon EOS 7D Mark II + EF 600mm/ f 4>



振り返れば、今年の後半はさんざんでした。 ヤマセミには何度も振られ、11月 コミミズク狙いが外れてタゲリを撮るはめになった際には、撤収時 不注意からカメラ(EOS 1Dx)をレンズごと落してしまって破損させてしまいました。

来年こそは・・・・とひそかに闘志を燃やしております。


本年は当ブログを訪問いただき有難うございました。

皆様、良いお年を!





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

最近観て良かった映画2本:”婚約者の友人” & “ギフテッド”

先月 銀座4丁目の和光ウラ通りにひっそりと佇む映画館:シネスイッチ銀座 で観たのが “婚約者の友人(原題;FRANTZ)”。

1216 FRANTZ 1


1919年 第一次大戦の傷跡が色濃く残るドイツの田舎町で、婚約者フランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナは、フランツの両親と共に悲嘆に暮れる日々を送っていた。 ある日アンナが墓参りに行くと、フランツの墓前に花を手向けている男を見掛け不審に思っていると、アドリアンと名乗るその男が家を訪ねてきて、フランツが戦前パリに留学していたときの友人だと言い、ためらいがちにフランツとの思い出を語る。 フランス人に対して心を閉ざしていたフランツの両親は彼の話に癒され、アンナも好意を持って次第に恋愛感情を抱くようになるが、アドリアンはフランスへ帰るに際し自らの “正体” を告白する。

1216 FRANTZ 2

それを知ってから、複雑な心情(アドリアンへの思いとフランツの両親に対する後ろめたさ)を抱きながら行動するアンナを演じたパウラ・ ベーアは、第73回ヴェネツィア国際映画祭で新人 賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝いたのもうなずける良い演技でした。




もう一本はTOHOシネマズ新宿で観た ”ギフテッド(原題;Gifted)” 。

1216 Gifted 1



生まれて間もなく母親を亡くした7歳のメアリーは、フロリダの小さな町でボートの修理で生計を立てている叔父のフランクに引き取られ、ささやかながら幸せな毎日を送っていた。

1216 Gifted 2



小学校に入って直ぐに、メアリーが天才的な数学の才能を持つことが分かると、メアリーの祖母イヴリン(フランクの母で元数学者)は彼女に英才教育を受けさせようとする。 フランクはこのままフロリダで子供らしく育てたいと主張し、メアリーの親権をかけてイヴリンと裁判で争うことになる。
フランクは、裁判所の「第三者の里親に預けては?」との調停案を受け入れてメアリーを手放すが、メアリーが里親の下でイヴリンによって英才教育を強いられていることを知り、メアリーを奪い返して再び一緒に暮らすようになる。

1216 Gifted 3


何といってもメアリーを演じるマッケナ・グレイスが良かった。 マーク・ウェブ監督が800人から1000人をオーディションし、最終的には5人に絞ってフランク役のクリス・エヴァンスと2人で演技させた上で辿りついたというだけあって可愛いだけでなく演技も上手かった。

1216 Gifted 4


ところで、翻訳の仕事をしていたこともあっていつも邦題の付け方が気になるのですが、“婚約者の友人” には感心しました。 原題の婚約者の名前 “フランツ” ではどんな内容の映画かさっぱり伝わりませんからね!

Gifted とは、先天的に平均よりも顕著に高度な知的能力を持っている人の意味ですが、日本語タイトルにするのは難しいので、原題をカタカナ読みにしただけのこの邦題が妥当なところでしょうか。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

冬の貴婦人 “タゲリ” を初撮り

先月、カメラマン仲間から 「コミミズクが出た!」 との情報を得て教えてもらったポイントに出向くもコミミは見当たらず、代わりに稲が刈り取られたたんぼにタゲリがいました。

1110 タゲリ 1

ハトほどの大きさの、陽を浴びて玉虫のように輝く翼の色とカールした冠羽に特徴がある冬鳥で、初めてお目に掛りました。


何の意思表示か、翼を真上に立ててポーズを取ってくれました。

1110 タゲリ 2



隣の空き地では、別のタゲリが歩きまわって、

1110 タゲリ 3



餌を捕食していました。

1110 タゲリ 4



ひとしきり餌をあさると、地面を蹴るようにして飛び出しました。

1110 タゲリ 5



次は、別のタゲリの飛翔スライドショーです。


  • < /ul>

<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>



次回は、ヤマセミ and/or クマタカの予定です。







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

今回は横顔を見せてくれた ♂ヤマセミ

10日振りにヤマちゃん渓谷に出掛けると、前回 (10/31) せっかく姿を見せてくれたのに振り返ることもなく直ぐに飛び去ってしまった ♂ヤマセミが同じ場所に来てくれ、今回は3分ほど留まってしっかり横顔を見せてくれました。

1110_ヤマちゃん 1




久し振りに、良好な撮影条件のもと比較的近くで撮れたので横顔をアップしてみました (元画像の7%にトリミング)。

1110_ヤマちゃん 2



その後、下流を振り返ったり、

1110_ヤマちゃん 3




上空を気にしたりしていましたが、

1110_ヤマちゃん 4



左岸を一瞥した後上流に飛び去ってしまいました。

1110_ヤマちゃん 5
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender、2枚目のアップ画像以外は元画像の46%にトリミング>







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

独りたたずむ幼鳥クマタカ

久し振りにヤマちゃんに会えた10月31日、帰途クマタカ・ポイントに寄ってみると、立ち枯れた木の天辺に幼鳥クマタカが止まっていました。

1031 幼鳥クマタカ 1


200m はあろうかという遠景なので、中央の四角部分を約90倍に拡大したのが次の画像です。

1031 幼鳥クマタカ 2


親鳥に見つけて欲しくて目立つ枯れ木の天辺に陣取っているのでしょうか?


大声で「腹が減ったよ~」と? アピールし、

1031 幼鳥クマタカ 3



上空を見上げて、親鳥が来るのを待ちわびています。

1031 幼鳥クマタカ 4





紅葉を取り込むために撮影場所を少し移動しました。

1031 幼鳥クマタカ 5



紅葉バックの幼鳥クマタカです。

1031 幼鳥クマタカ 6




いつまで待っても親が餌を持ってきてくれないので、真下に目をやり自分で餌を探し始めたようで、その獲物?を追ってターンしました。


  • < /ul>



向こう向きのまま頭を 180度まわした幼鳥クマタカ。

1031 幼鳥クマタカ 7



苛立ちのポーズか、尾羽を広げて鳴き叫んでいました。

1031 幼鳥クマタカ 8
<EOS 1DX + EF 600mm/ f 4 + 1.4 Extender>







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
プロフィール

hitech_ojisan

Author:hitech_ojisan
プロフィールはこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Flashカレンダー
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム